5. 思い出のまちがいさがし


あの人がしてくれたことを

ひとつ

ひとつずつ 掘り起こしていく



恋愛の最中は、

あの人はわたしを好きじゃない

どうして気持ちに応えてくれないの

そう思ってたのに



小さなこと

いつも願いを叶えようとしてくれていた

おもしろい話で笑わせようとしていた

照れたように黙ったこと

なんであの時に気づかなかったんだろう

大事にされていたこと



あの人はわたしを好きだった



長い時間が経った今だから分かること

あの人がくれていたものを見ないフリしていた

受け入れるのが怖くて



「愛されなかった」は間違いで


「愛されていた」に気づいてく



「大事にしてくれてありがとう」


そう心から思えたなら

素敵な恋へまた歩き出せる