冥王星が移動する2023 ーゾンビの願い



星のおはなし。
星占いでは10個の天体を使って占う。
冥王星は、もう科学的には惑星じゃなくて、準惑星だけど、
星占いの世界では今も大きな力を持つと考えられている。
ここ15年、あなたは「ゾンビ映画」を見続けていた。
そこで得たものとは。


今年も"書く系占い師"(わたしだ)は、メディアへ提出する「来年の運勢」の原稿をしたためる季節が始まっている。(今年もノリノリで書いているので公開を期待して欲しい。)


書きながら、「2023年3月」というワードを多用せざるを得ないことに気づく。

どの星座の人にとっても、それぞれのテーマの「節目」となるタイミングとして。

なぜなら、星の移動が続くからだ。


ざっと挙げてみると、


2023.3.

①土星がみずがめ座→うお座へ移動

②冥王星がやぎ座→みずがめ座へ移動

③火星がふたご座→かに座へ移動

(④木星のいるおひつじ座へ太陽が移動)


と、毎年毎月あるわけじゃない移動がある。

そのうち、冥王星のことを今日は話したい。


ーーー


冥王、というくらいなので、「死の国の王」の星だ。


ひとつの星座を移動するまでにかかる時間も、他の星々の比ではなく何十年と長い。

(一番短い天体の月で、2,3日程度だ。)


前回、冥王星が、星座を移動したのは、2008年のことで、

いて座→やぎ座へと移った。


となると、もちろんまた次の星座(みずがめ座)へ移動する時が訪れるのだけど、

その第一回目が来年2023年3月末に訪れる。


第一回、と言ったのは、みずがめ座に移動した後も、やぎ座へ引き返し、そしてまたみずがめ座へ入る…という第二回目のイングレス(星座移動)があるから。

人間に置き換えるなら、転勤が決まっている人が、一度、新居地へあいさつがてら出張滞在し、また家に戻り、関係各所へ別れをつげたり部屋を片付けたりした後に、満を辞して引っ越すような流れが行われる…と考えてもらうといいだろうか。


ひとつの場所に2008-2023(本格的な引っ越しは2024)暮らすというと、まあ長い期間だと思う。

生まれたての赤ちゃんなら成長して義務教育を終える頃。

おとなだってこれだけの時間があれば、まあまあドラスティックに人生が変わっていたりする。



冥王星は、「死の国の王」の星。


星占いでは星座や天体にいろんな意味を与えている。

冥王星なら、[死、生、性、戦争、欲望、核、支配、誘拐、極端さ]などが象徴として挙げられる。

(「完全マスター西洋占星術」松村潔著 (説話社)より、一部参照。)


モンスターとかゾンビとかのホラー映画のおどろおどろしくて、生と死のぎりぎりを感じさせるみたいなパワーが冥王星に与えられた意味。


それを15年も、感じてきた。と思ってみてほしい。どの星座生まれさんも。


ーーーーー


ときどきInstagram上で、「質問会」なるものを行なっている。

お悩みとか、わたしへのメッセージとかを気軽に投稿してもらいお答えするもの。


前回の質問会-Instagram

https://www.instagram.com/stories/highlights/18188598922225061/?hl=ja


その中で、やぎ座生まれの人から「嫉妬や起きてもいないことへの不安にとりつかれてしまう」というご相談をもらった。



冥王星っぽい、テーマのご相談だ。

冥王星は一体感を必要とする。

生というものは、aとbとがひとつになった時にできるから。

一体感を保つために、束縛や嫉妬という技を発動させる。


話が少し飛ぶのだけど、わたしはおばけが苦手だ。

なのに、見たくなってしまう性分でもある。いわゆる、怖いもの見たさ。


日本でも公開された韓国映画「新感染」を観た時に、ビビり倒しながら気づいたのが「ゾンビって、寒いんじゃないか」ということ。


死は体から熱を奪う。血が巡らず体が冷えていく。

熱を補うために、ゾンビは人の肉をむさぼるのではないか。


満たされない思いを抱いて、人の温もりを必要とする。相手の自由を奪ってでも。

このことに気づいた時、ゾンビの人間らしさ「共感できるところがあるな」と思ったものである。ゾンビの生き方(死に方?)は、人々の心の奥の方で凍えている「寂しさ」と呼応する。


話は戻って、やぎ座の相談者さんも自分の中の「寂しさ」にうすうす気づいているからこそ、嫉妬や不安が発動するのだと思う。


冥王星が彼女に、人の温もりを追い求めるよう促す。


嫉妬や不安、束縛、執着心。

そういうものは、よくないものとされる。

人の自由を奪い、時には命すら奪おうとする極端さがあるから。


だけど、寂しさがなければ?

きっと怖くて、人のプライベートゾーンへ飛び込むなんて、できなかったのでは。


ーーーーーーー


冥王星は、星占いでは冥府の神がモチーフとして扱われる。

普段は気づかないけれど、その時に絶大な威力で人の心にのしかかる。

そんな力を、誰しもが心の闇に持っている。


でも、ただの役立たずで邪悪な星、ではない。


自分の心の奥に隠していた闇の、さらにその奥にあるものまでも引きずり出してくれる。


人を必要とする、想い。


自分以外の人に畏怖の念を抱き、

相手と自分の闇を受け入れ結びつける力強さ。


ふつうに、平和に、おだやかに過ごしているだけなら気づけない、劇薬のような感情。


捨ててしまうのは、もったいなくないですか?


愛せよ、激情。


それがあるから人と絆を結ぶチャンスも生まれるのだから。



あなたがこの15年ほど向き合ったある種の「欲望」は、

そんな可能性を秘めている。

きっと星座を移動する2023.3月末を過ぎた頃、

向き合い続けてきた激情を愛おしく思えるんじゃないだろうか。